« 見学について            稽古内容 »

頭部への攻撃について


頭部は大事な急所です。頭部に対する防御は格闘技としても護身術としても避けて通ることはできません。人間はいざという時は普段の行動が無意識に出ます。顔を殴ることも殴られることもない空手では大事な頭部を守ることは非常に難しいのです。

そのため、優掣会では顔面ありの組手を行っているわけですが、プロの格闘技者でもない一般の稽古生が空手の稽古で生活に支障をきたしたりするわけにはいきません。そこで安全性の確保としてアルティメットモデルグローブ(又はボクシンググローブ)とヘッドガードを装着してライトコンタクトで行っています。

ボクシンググローブの使用はグローブルールの試合を想定して競技空手としてライトコンタクトで行っています。普段は本当の素手と同じというわけにはいかなのでアルティメットモデルグローブを使用しています。