休会費について


稽古に1度も参加できない月(1日から月末までを1ヶ月とします)は稽古参加費に代わって休会費1,000円が必要になります。

ただし、
連続3ヶ月以上稽古に参加できない月が続いた場合は、休会費は最初の3ヶ月分まででかまいません(4ヶ月目以降は必要はありません)。その後、数ヶ月または1年以上休んでもその間の休会費は必要ありません。また稽古に参加できるようになったときに以前と同様に月の初旬に稽古参加費を納めてください。

※ 休会中でも毎年4月更新のスポーツ保険料は3月10日までに納めてください。スポーツ保険の継続により在籍中と判断します。未納の場合は退会となります









上記のように5月から9月まで6ヶ月間、連続して休んだ場合は最初の5・6・7月だけ休会費を支払い、8・9月は必要ありません。11・12月と2ヶ月連続して休んでいる場合はその前の10月に稽古に参加しているので11・12月はまた休会費が必要です。

今月1度も稽古に出られないと思い、休会費の千円を入金した後に、稽古に参加した場合には差額を次の稽古までに納めてください。

稽古参加費を入金したけれども1度も稽古に出られなかった場合、その内の千円を休会費として扱い、残金は翌月の稽古参加費の一部とします。翌月も稽古に参加できない場合は再度残金から休会費に当てます。次回の稽古に参加する月は残金との差額を入れてください。